HOME >> スタッフ >> TOP

所属スタッフ

健康運動指導士 ・ 健康運動実践指導者 ・ アスレチックトレーナー ・ パーソナルトレーナー ・ フィットネストレーナー ・ フィットネスインストラクター ・ 体育指導員 ・ その他運動指導員
 

アスレチックトレーナー

 
アスレチックトレーナーとはスポーツドクターの指示・監督のもとスポーツ選手の健康管理・リハビリテーションを担うスペシャリストである。 スポーツ選手の健康管理、基礎体力づくりを行うスペシャリストとして、選手が関わる人たちと常に接触を持つ立場にあり、医師と選手のコミュニケーションのパイプラインとして重要な役割をになっている。
アスレティックトレーニングは、スポーツによる怪我を無くすためのトレーニングおよびリハビリテーションです したがって、どのような動作、骨格、筋バランス、柔軟性、筋力etcなどが怪我を引き起こしているのかを見極め、その予防に力を注いでいます。
また、万が一受傷してしまった時には、その応急手当を行い、損傷部位、損傷程度、誘発原因を追求し、確実かつ再受傷しないプログラムを提案してゆきます。
 

パーソナルトレーナー

 
一人ひとりの身体に合わせたトレーニングメニューを行うのが、パーソナルトレーニングです。目的や目標は同じでも、個々の身体に最適なトレーニングを行わなければ、結果は出てきません。目標達成のために、しっかりと優先順位を見極め、着実にトレーニングをしていくことで、確実に成果を得ることが出来ます。プロスポーツ選手の筋力増強などにもパーソナルトレーナーは活躍している。
健康づくりに多くの人の関心が集っている。さまざまなダイエット手法や健康法が知られるようになったが、それらをどう組み合わせて、自分の健康づくりをすればよいか、分からない人もいる。特に肥満や体力低下に悩む人にとっては、そうした健康法をそのまま実行することは必ずしも良くない。パーソナルトレーナーは、そうした人に個別に合わせた運動メニューを作成し、実施に協力します。
 

健康運動指導士

 
健康づくりのための運動指導者で、呼吸・循環器系の生理機能の維持・向上を図ることによって、動脈硬化、心臓病、高血圧等の生活習慣病を予防し、健康水準を保持・増進する観点から、医学的基礎知識、運動生理学の知識等に立脚して、個々人に対して、安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムの作成及び指導を行うことが出来る指導者です。
主として、健康増進センター、保健所、市町村保健センター、民間健康増進施設 (フィットネスクラブ等健康づくりのための運動を行うための施設)などにおいて、健康づくりのための運動指導に従事する方が多く活躍しています。
 

健康運動実践指導者

 
筋力、持久力、体調、骨格など個人の身体状態に適した運動の実践指導を行い、心身ともに健康になることを指導。医学的な基礎知識、運動生理学の知識などに立脚していることが要求される。養成講習会は(財)健康・体力づくり事業財団が主催。受験資格は、体育系の短期大学や専修学校卒業生か3年以上の実務経験者または、保健師、管理栄養士など健康運動指導を行う能力を持っていること。取得後は、公共の健康増進施設や健康運動実践指導者の配置が義務付けられている指定運動療法施設などで多くの方が活躍しています。
 

フィットネストレーナー

 
スポーツを行なう際のケガの防止や処置、技能向上のためのアドバイスなどを行なう。
多くはプロスポーツチームに所属し、選手のケガの予防や緊急処置を行なう。
日常的なトレーニング方法について指導したり、筋力増強や課題の克服などに対して、専門知識を踏まえアドバイスする。フィットネスクラブなどにもスポーツトレーナーが所属して、ダイエットや筋力増強についてアドバイスする。

2016/10/18 更新